【毒親育ちで困った場面を厳選!】普通の人にはわからない毒親育ちならではの悩みを紹介!

今回はーー

このツイートをもとに深く掘り下げていこうともいます。

普通の家庭(もしくは裕福で恵まれた家庭)で育った人には絶対にわからない毒親育ちならではの悩みをまとめてみました!

ではさっそくー行ってみよー!

毒親育ちで困ったこと

学校でいじめられたとき

まず毒親は子供が学校でいじめられても助けてくれません。

また、子供も親に対しての信用がないのでそのことを相談しようともしません。

今まで何回も親に裏切られ傷ついているので、親を頼るという選択肢がないのです。

毒親×いじめはマジで地獄

ただでさえ毒親という存在だけでもうたくさんなのにそこに「いじめ」という外的要因が加わってくるとマジできついですよ〜笑

経験者だからわかります、、、笑

学校でも家でも落ち着ける場所がまっっっっったくないんですよねー😂

魂が削れますよ、、、😭

毒親育ちの子供は学校でいじめられても引きこもれない【子供を守らない血のつながっている他人】

家庭訪問

これも学校関係なんですが家庭訪問も嫌でしたね〜笑

いや基本的に家庭訪問は子供全員、また教師も嫌いだと思うんですけど毒親育ちの子供は嫌いな理由が少し違います。

担任が親に家庭での状況を聞いてくるから

これーー!

これが一番!

毒親育ちなんで親との関係は最悪な訳ですよー。

で、家庭での状況を担任がお・や・に聞く訳ですよ。

そりゃね、もうわかりますよね?笑

自分の都合のいいことしか担任には言いません

自分が子供にしている虐待や嫌がらせは棚に上げて「子供の口が悪い」とか「親に向かってお前って言う」とかを担任に告げ口する訳ですよ。

基本的に担任は親の言うことを信じます。子供よりも親優先。それが現実です。

そうすると子供は学校で過ごしにくくなりますよね!?

クラスメイトからは「親に暴言を吐く悪い奴」と思われ担任からは「問題児」扱いされる訳ですよ。

いじめが加速します😂

そう!親がいじめの加害者の一人になる事があるのです!

まあ毒親育ち(アダルトチルドレン)にもいろいろなタイプがあって

プラケーターとイネイブラーはあんまり家庭訪問で困らないかもです。

でもスケープゴートの僕は大変でした、、、笑

ここにアダルトチルドレンの6つのタイプの紹介記事

学校の友達が家に遊びにくるとき

これも結構辛いです😂

基本的には学校の友達(勝手に自分が思い込んでただけかも?)を家には呼びたくないのですが小学生のノリで「今日〇〇の家遊びに行こうや〜」って時があるじゃないですか。

それが自分の番に回ってきたときはもうヒヤヒヤです💦

だっていっつも修羅場な出来事が起こっている場所ですよ!?

暴言が飛び交っているところですよ!?

そんなところに呼びたくないじゃないですか〜😭

もう気を張りますよ(笑)できるだけ友達(もしかしたら勘違いかも?)が親に近づかないように意識して理由をつけて早めに帰ってもらう。

友達(やっぱり違っていたかも?)が帰った後はいったんひと安心😌

と思いきやすぐに修羅場がはじまります😂

やっぱり毒親といえど人の目というのは気にするんでしょうか?

親に感謝を強要される場面

卒業式での祝辞

これけっこうきついですよね〜😅

感謝のかけらもない相手に強制的に何かそれっぽいことを伝えないと感動の雰囲気をぶち壊してしまいますから、、、笑

こういうのって毎回ありません??笑

小学校、中学校、高校と。

普通の子供からしたら

「普段は照れ臭くていえないけれどこういう場面を借りて感謝の気持ちを伝えちゃえ」

みたいな思考回路になると思いますが、毒親育ちからするとそんなのアリエナイアリエナイ、、、

拷問ですよ!?笑

普段暴力や暴言を受けている相手に対して感謝をしないといけないんですよ?

例えが悪いですが、ユダヤ人がヒトラーに対して「いっぱい虐殺してくれてありがとう」

って言うことと変わらないと思ってます😅

結婚式での両親へのスピーチ

これはまだ経験した事がありませんが(てかこれからも経験することはないけど)想像しただけで吐きそうです😱

まず幸せな空間に大嫌いな人は呼びたくない。

これをしてきた毒親サバイバーの先輩方をマジで尊敬します。

まあ、ここからは少し個人的な経験を挟ましてもらいますが、

僕は子供の頃の写真が極端に少なかったんですよ。

普通はアルバムとか1つや2つはあるもんじゃないですか?

でも自分のアルバムは1つもない。

逆に普段行くことの少ない祖母の家で見つかったりして、、、笑

本当に子供に興味がなかったか邪魔と思われていたんだな〜って実感しました笑

あれ、毒親育ちにとって結婚式って必要ですかね??

自分は男やからかもしれませんが結婚式に興味とか全くないんですよ笑

やっぱり女性からしたら「一度はウェディングドレスを来てみたい!」って思うんですかね?

やったら自分は毒親育ちの女性としか結婚できないですわ(多分結婚できひんけど笑)

その他、毒親育ちが困る場面

恋人ができたとき

毒親育ちは恋人ができたとき(意中の異性がいるとき)に親のことをどうやって話そうかな〜って迷いますよね笑

自分は失敗談があって、よく心理学の本とかに「仲良くなるには自己開示が必要」って書いてあるじゃないですか。

それをそのまま鵜呑みにして「よ〜し!親にされてきたこと全部話すぞ!」と思って誕生日なかったことや理不尽に殴られてきたことなどを包み隠さずに初対面の人に全部話したらドン引きされてそれ以降連絡が取れなくなってしまった事があります(そりゃそうだ)

あん時は僕が悪かったですが、ある程度仲良くなってきたりすると「恋人に親を紹介する」イベントが発生するじゃないですか。あ〜れ親と絶縁してる自分には出来ないからどう乗り切ろうか?と考えています笑(そのイベントが彼に発生することはなかったことをまだ彼は知らない)

親になったとき

これは自分自身は経験ありませんが想像するだけで大変です。

まず、子育て自体が大変なのに更に「毒親育ち」というハンデがあります。

これの何が怖いかというと親から愛された経験が少ないor皆無のため子供の愛し方がわかりません。

親の真似はできないですからね笑

同じことを繰り返して自分も毒親に鳴ってしまいますから😂

幼少期、学生時代の自分を知ってる人と会うとき

自分は学生時代は黒歴史の連続です笑

学校にうまく馴染めないし、友達はできないし最悪な家で過ごしてきた日々。

もう嫌な記憶ばかりあるわけですよ笑

あの頃は自分らしく振舞うことができずいつも笑顔が引きつっていた。

なんか同級生に「悪魔みたいな笑い方」と言われたこともありましたかね〜🤔笑

そう!大人になってからやっと毒親と距離を置くことが出来て自分らしく生きていける人もいます。(自分もその一人です)

でも、昔の性格と温度差がありすぎて「キャラが違う」と思われることがしばしば、、、

「昔は毒親のせいで本当の自分は出せなかっただけ。今が本当の自分だ!」

と言いたい感情もありますが、説明するのがめんどくさいし、理解されるとも思っていないのでたいがいはスルーします。

今回のまとめと毒親サバイバーに一言

今回の記事は毒親育ちで困る点をいくつか紹介してきました。

本当はもっとたくさんあるのですが、今思い出せるのがこれくらいなので、また思い出したら紹介していく予定です。

毒親育ちにしかわからない悩み、、、

たくさんあると思います。

これは普通の家庭で育った人は理解できない事なので僕たちみたいな毒親サバイバーが傷を癒すヒントを紹介して行きます。

最後に智弁和歌山の元監督、髙嶋仁さんから一言

苦しい思いをした人間だけが逆境をチャンスに変える

髙嶋仁(智弁和歌山野球部元監督)